スポンサーリンク

【楽天経済圏初級編】楽天経済圏を始めたい方が最初に知るべきこと

楽天経済圏
スポンサーリンク

こんにちは!

ganです!

今回は楽天経済圏の概要とその始め方について簡単に

解説したいと思います。

  • 楽天経済圏って何?
  • 楽天経済圏ってどうやればいいの?
  • 楽天経済圏の具体的なイメージが知りたい

このような方にオススメです。

逆にもう楽天経済圏なんて完璧だよって方には

少々退屈な内容になるかもしれません。

それぐらい初心者向けに作成していますので、

ぜひご覧いただければと思います。

楽天経済圏とは?

楽天経済圏とは、楽天株式会社及びそのグループ会社が提供するサービスを駆使し

その中で得られるポイントを最大化したうえで、

獲得したポイントをそれぞれの支払いに充当していくことで、

現金の支出を減らし、お得に生活をすることです!

また楽天のサービスを利用することでSPUと呼ばれる、

楽天市場での買い物に付与されるボーナスポイントが付きます。

このSPUは最大16倍まで上がるので、

単純に楽天での買い物が最大16%オフで購入できるようになります。

(後述しますが、16倍まで増やすのは現実的ではないですが・・・)

それでも7~10倍程度は簡単に設定できるうえ、

ポイントが多くもらえる時が月1~2回あるので

その時に生活必需品を購入すれば実質20~30%程度

安く購入できるようになります。

楽天でのSPUの上げ方は別記事で解説しています。

日常の生活を送るだけで結構な金額のポイントが付くので

月数千ポイントであれば簡単に獲得できます。

楽天市場での購入金額にもよりますが、

数万円分のポイントを獲得することも難しくはありません。

一度設定すれば、簡単にポイント獲得しやすくなるものも多いので

最初の設定さえ乗り越えられればお得に生活できるので、

この先の解説を読んで実践してみてもらえればと思います!

楽天経済圏の具体的な生活

では具体的にどのようなサービスを利用して、生活しているのか

大きく分けて、1度設定すれば簡単に利用できるものと

毎月利用が必要なものがあります。

1度設定すれば継続してポイントが増えるもの

  • 銀行:楽天銀行
  • クレジットカード:楽天カード
  • 証券口座:楽天証券
  • スマホ:楽天モバイル
  • でんき:楽天でんき
  • ネット:楽天ひかり
  • 保険:楽天の保険

このようなサービスが例として挙げられます。

証券口座というとハードル高く感じるかたもいらっしゃるかもしれませんが、

通常ポイントで投資信託を購入することができますし、

1口100円程度から始められますのでそんなに難しくはないです。

つみたてNISAの利用も可能ですので、この機会に作っておくことをおすすめいたします!

毎月利用が必要なもの

  • 旅行予約:楽天トラベル
  • 美容室・ネイル予約:楽天ビューティ
  • 洋服:Rakuten Fashion
  • 本・DVD等:楽天ブックス

このあたりがポイントアップに該当してきます。

これらのサービスは利用に対してのポイントが付くだけでなく、

SPUが上がり、楽天市場での買い物がお得になりますので、

楽天経済圏がより強固なものになっていきます!

楽天経済圏の始め方

これを聞いてすぐ始められる方ももちろんいらっしゃると思いますが、

どこから始めればいいかわからないという方にオススメの始め方をご紹介いたします。

この順番である必要はありませんし、すでにサービスを利用しているものに

関しては飛ばして考えてもらえれば大丈夫です。

順番に

  1. 楽天に登録
  2. 楽天銀行開設
  3. 楽天カード申し込み
  4. 楽天証券開設

この辺はほぼマストになりますので、登録&開設をしてください。

楽天に登録

これに関してはほぼ登録されている方が多いのではないかと思いますが、

何をするにも楽天のIDが必要になりますので、

楽天経済圏を始めるには必須となります。

楽天銀行開設

こちらも楽天経済圏にはほぼ必須となります。

ネット銀行としても振込・ATM手数料無料になる

プログラムがあったりかなり優秀ですし、

利用にお金がかからないため、

持っていて損はないと思います。

楽天銀行(旧イーバンク銀行)|ネットバンク
楽天銀行(旧イーバンク銀行)は1,100万口座を超える日本最大級のインターネット銀行です。インターネットバンキングで各種お取引毎に「楽天ポイント」を貯められます。

楽天カード申し込み

楽天カードも同じく必須になります。

年会費無料で楽天以外での利用でも

楽天ポイントが1%付与されるなかなか

高還元なクレジットカードになります。

引き落とし先は先ほど開設した楽天銀行に設定してください。

そうするとSPUが+1倍になります。

新規入会すると5,000ポイントをもらえる等のキャンペーンが

かなりの頻度で開催されてます。

エントリーが必要な場合もありますので、

キャンペーン詳細を見逃さないようにしましょう!

楽天証券開設

こちらもほぼ必須となります。

上記のサービスのように無料で作成できます。

さらにたまったポイントのうち、通常ポイントを利用して

投資信託を購入することもできます。

つみたてNISAと併用することで、運用益に通常かかる

税金をかからないようにすることもできますし、

やらない理由がありません!

1口100円から投資できますので、余ったポイントで

初めてみてよさそうなら少し

投資金額を増やしてみてもいいかもしれません。

この辺の記事も後日作成しますので、興味がある方は

お待ちいただければと思います。

まとめ

楽天経済圏を始めるには

  1. 楽天に登録
  2. 楽天銀行の開設
  3. 楽天カードの申し込み
  4. 楽天証券の開設

上記の4サービスを登録、契約するところから始まります。

このサービスを契約し、楽天市場のアプリで買い物すれば

5.5倍のポイントが付きます!

中級編以降では楽天モバイルや楽天の保険など月額料金が発生するものの、

それ以上にお得になるようなサービスを紹介したいと思っています。

楽天経済圏でのメリットを生かすなら7~10倍程度は欲しいです。

ですので中級編では10倍程度のSPUを

達成する内容にしたいと思っています。

楽天ポイントせどりをするのなら、12倍くらいまでは頑張りましょう!

ちなみに、今回の記事で私が一番強調したいのは、

ポイントを得るために無駄遣いをしないこと!

ここだけは強調したいです。

SPUを上げるために必要経費と割り切って

月額契約をすることはアリだと思いますが、

元がとれなかったり、自分に不要なサービスでは

まったくお得とは言えません。

必要経費としても、必ず月額以上の

ポイントバックを得られること。

そして得られないのであれば契約は見送ること。

また、楽天市場での買い物も同じで、

ポイントのためだけに不要な買い物はNGです!

以上を、みなさんにお伝えしたところで

今回の記事は終わりにしたいと思います。

中級編もお楽しみにしていただければと思います!

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました